2015年3月4日水曜日

自然のパワー


あるイギリスを紹介する雑誌を見ていて、衝撃を受けました。
今でもなぜそんな気持ちになったのか上手く言えないけれど、
その写真を見たときに、とにかくその場所へ行きたくてたまらない気持ちになりました。

それはロンドンの中心から北へ20分くらいチューブ(ロンドンでは地下鉄のこと)に乗っていくところ 「Hampstead Heath」

公園ていうと人工的な感じがするけど、そこは森のようなところ。
それが日本の森の写真だったら、綺麗だな~、行ってみたいなで終わるのに、
その薄緑の木々の美しさに驚き、「ここに行く!」と思ってしまったのです。

その日から私のイギリス留学の想いは日に日に強くなっていきました。
本屋さんでイギリスの特集の本があれば迷わず買い、
そしてますますイギリスに行きたくなり、、、。
留学のあれこれを最初にお話しするべきなのかもしれませんが、

どうしてもまずはHamstead Heathをご紹介したくて。
そこが私の始まりなので。

自然の状態が残されているので、公園というに相応しいかわかりませんが、
とてもとても大きな公園です。


自然の森をできる限り残そうと、1800年代以降の近代化の流れから
住民が運動を起してその緑を守った場所です。
そのおかげで、今もなおロンドンにしてイギリスらしい森を味わえます。
お散歩したら半日はかかるでしょう。
犬は放し飼いにされ、自由に走り周り、気持ちよさそうに池を泳ぐ犬もいます。

奥に入るとますます森が深くなり、1人で入るにはすこーし勇気がいるかも。
行き交う人も多くないので、歩いていると木々のエネルギーだけを優しく感じることができます。

初めて足を踏み入れた日、私は1人で歩いていきましたが、
途中でイギリスならではの突然の雨に合い、傘もなく、散々迷い、全く違う場所に出てきてしまいました。
でも雨の後の瑞々しい緑は、最高のヒーリングを与えてくれました。

やっぱり イギリスに来て良かった!
そう心から思えた日でした。


さらに奥には、Kenwoodhouseという これもまた素晴らしいお屋敷と歴史のある
場所があるのですが、それはまた後日お話します。













2015年3月1日日曜日

イギリスの記憶


帰国して5か月が過ぎました。

日本の生活に溶け込んでいく自分を感じながら、
ふとした時に、懐かしさが込み上げてきます。
イギリスの公園の空気、植物の香り、野生の鳥の群れ、晴れた日の青空の記憶が
また戻りたいと心に訴えかけてきます。
でも記憶は徐々に曖昧になってしまうもの。。

ロンドン滞在中に、何度かブログを作ろうと試みましたが、結局できませんでした。
忙しいことを理由に。たぶん暮らしていくことに必至で 余裕がなかったのかも。

これから前に進む自分のためにも、
素晴らしいイギリスをお伝えしたいという思いを叶えるためにも
イギリスで頑張ったことが振り返えられるよう
記憶を少しずつ記録に残していきたいと想います。



Hampstead Heath