2016年11月30日水曜日

ボタニカ2016の旅③




お知らせです!

【ボタニカ2016報告会を開催します】


2016年12月23日、14:00~16:00、

自然療法の国際総合学院IMSIにて、ボタニカ2016の報告会を開催します。


精油の最新動向や、アロマセラピーの研究内容を知りたい方、
アロマセラピストとして活躍されている方必見です!
これからアロマを勉強したいと思っている方にも、わかりやすく
最新情報をお伝えします。


クリスマス前、師走の貴重な祝日の日ですが
もし夕食の待ち合わせまでお時間がありましたら、

また、
表参道近くまでいらっしゃるご予定がありましたら、

参加費は無料です、お気軽にご参加ください。


※お申し込みの場合は、下記IMSIまで
 メールまたはお電話にてご連絡ください。

  自然療法の国際総合学院IMSI
  Tel:0120-458-234
  E-mail: info@imsi.co.jp



 
ということで、↑↑ ブログではお伝えしきれない内容もご紹介します!

年末ですが、≪AROMAブラッシュアップ!≫をぜひ一緒に! お待ちしています。



さてさて、、、

カンファレンスの続きをご紹介します。 


2日目は、

“精油のクリニカルなアドバンス活用” “フィトアロマセラピーの活用”

をテーマに10名の方が講演されました。

週末ということもあり、参加人数がとても多く、明るい笑顔で活気づいていました。


アロマセラピーの最新の興味深い研究や補完療法としての実践内容など、

カンファレンスの目玉となる講演が多かったです。


【注目した講演内容その①】

・イギリス、マンチェスターメトロポリタン大学の医学微生物学名誉教授 Valerie Edwards Jones氏

 は、医療機関内での耐性菌の流行に対する精油の抑制効果についての研究内容を発表されま

 した。
MRSA抑制の試験結果(講演者による資料)


近年、様々な多剤耐性菌の発生が問題視されるなか、免疫不全患者にとっては命に関わる問題

で、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)やバイコマイシン耐性菌、ペニシリン耐性菌に対する

研究が進められているそうです。

今回、精油の抗ウィルス、抗菌、抗真菌作用を期待した研究結果を発表されました。

研究では、MRSAとブドウ球菌の株に対し、ティートゥリー、パチュリ、ゼラニウム、ラベンダーなどの

精油が試され、単体での使用と2種類をブレンドした複数の試験により、精油の構成物質耐性菌

への効果が認められました。精油の更なる効果に期待が高まっています。
  

精油の、抗菌、抗ウィルス作用などは、精油が持つ作用の代表として、

香りの持つリラクセーション作用とは異なる最も期待できる作用ではないかと思います。

伝統療法、民間療法で、ティートリーやユーカリはアボリジニの病気を助けてきましたし、

ヨーロッパでクローブやタイムは、伝染病を抑止するハーブとして活用されてきました。


医療レベルでの使用でなくても、精油は、私たちの身近な生活の中で、

様々に活用できる便利で、パワーのあるアイテムです。


もちろん適切な使い方を守る必要がありますが、(原液を直接塗布しないなど)

これからの寒い季節にも、大活躍させたいですね。



風邪やインフルエンザの予防として、

ティートリーはとても優秀です。

その他にも、気管の炎症に良い1.8シネオールを多く含む成分として

ユーカリ、ローレル、カルダモン、フラゴニア 

なども併せて使用したい精油です。


空気を浄化し、気持ちの良い朝を迎えたいなら、スプルースブラックもおススメです。


睡眠や栄養バランスの管理に加えて、ぜひアロマを活用してくださいね。




もう一つ、、、

 ボタニカ2016のご報告をaromatopia139号 p.66-69に寄稿させていただき、

 11月25日に発売されました。

 3日間のカンファレンスの内容と、ワークショップの内容をお伝えしています。

 IMSIスクールでもお読み頂けますし、

 大きい書店でしたら手に取ってお読み頂くことができます。


 『aromatopia』は、アロマセラピーの活動や研究、各国のアロマセラピーに関する様々な情報

 を確認することができます。素敵な表紙のデザインと、様々な方のアロマセラピー活動を

 ぜひチェックしてくださいね。






最後までお読み頂きありがとうございます。

カンファレンスの内容は、専門誌に載せきれなかった部分も含めて

引き続きブログでご紹介していきますので、お楽しみに。




※来年のプロフェッショナルディプロマコースの日程が決まりました。

 アロマセラピーをぜひ一緒に学びましょう。

 http://www.imsi.co.jp/course/aroma/diploma.html


 自然療法の国際総合学院IMSI http://www.imsi.co.jp/



2016年11月9日水曜日

アロマセラピーカンファレンスin 大阪



2016年11月5日~6日、の先週末、

アロマセラピーカンファレンスが大坂で開催されました。


日本のIFPA認定校(IMSIもその一つ)が中心となり企画したカンファレンスが

2年ぶりに開催されました。


IMSIはブースの出店を行い、私もスタッフとして、お手伝いしました!

ディエンチャンが大盛況で、たくさんの方に体験頂きました~!

たった10分くらいの施術でも、目の周りもお顔の表情もパッチリ&朗らかになって

喜んでいただき、とっても嬉しくて楽しかったです。







そして、今回、

東洋医学アロマセラピーの症例発表をさせて頂きました。


師であるガブリエル・モージェイ氏の東洋医学アロマセラピーの、

感情面に対して深く考察していくこと、そして、

IMSIの特徴でもある、東洋医学アロマセラピーの魅力をお伝えしたい!

少しでも、皆様に興味を持って頂けたら、と思い、

成人期アトピー性皮膚炎に対する東洋医学アロマセラピーの症例を発表しました。



東洋医学アロマセラピー ???

という方は、過去の、ブログ~ガブリエル・モージェイ来日セミナー~をお読みくださいね。

確かに、理解するためには、東洋医学の哲学的な考え方を深く理解していく必要があるのですが、

クライアントの心と身体をホリスティックにアプローチするために、

とてもおすすめです。






私の症例発表には、約80名の方にご参加頂きました。

発表の内容は、

成人期になってアトピー性皮膚炎を発症された2人のクライアントにアプローチした症例です。


20年ほど前までは、子供の頃になるもの、というイメージがあったアトピー性皮膚炎。

成人してから発症する方も増えてきており、また成人しても治らないという方も多く、

食事や生活スタイルの多様化によって、気づかないうちに、身体に合わないものを取り入れて

いる可能性もあります。


クライアントとのご相談の中で、日々の生活の中で抱えてしまう、メンタル面の浮き沈みが、

痒みや疾患を悪化させる原因になっている側面があると感じ、

東洋医学アロマセラピーの1つの特徴である、感情に働きかける精油ブレンドとトリートメント

というアプローチを行っていきました。


皮膚の疾患と一言で行ってしまえば、どの皮膚疾患を持つ人も、似通ったアプローチに

なりがちなのですが、

感表面の特徴は本当に人それぞれです。

ネガティブな感情が出たときに、

悲しくなるのか、怒るのか、不安になるのか、焦るのか、

あるいは逃げるような衝動を起こすのか、はたまた思考をシャットアウトさせるのか。。。


現代人が抱える感情面は、多様化しているように思います。

感情面の変化がもたらす健康への影響は、ホリスティックに見たときに、

カギとなる部分。切り離せない部分です。


ここに東洋医学的な考察を加えていくと、導きやすくなるでしょう。


アトピー性皮膚炎に悩む2人のクライアントは、

それぞれ異なるネガティブな感情の特徴がありました。


自分への要求が多く成功への焦りと不安、自信の喪失には、(水)の精油を。

苛立ちや神経質さには、(火)の精油を。

緊張しやすく、自らの欲求や決断を認めてもらえない不満には、(木)の精油を。


それぞれの感情を分析して、ブレンドを決めていくことで、

香りを嗅ぐ⇒感情に働かせていく⇒ネガティブな感情を楽にしていく

⇒感情面でストレスにうまく対応できるようにしていく

という変化が生じました。


始めは、ただ香りを嗅いでもらうだけです。

日々香りを携帯していただきます。

感情面のタフさが以前より感じられるようになってから、

トリートメントを開始しました。



4回、5回目のトリートメントでは、

痒みの軽減や炎症を起こしていた皮膚の改善が見られました。

クライアントの心のケアにもとてもいい反応がありました。 


45分というスピーチ時間で、

お伝えしきれなかった部分もあると思うのですが、

講演を聞いて、感想を寄せてくださり、ありがとうございます。




IMSIでは、冨野先生による 東洋医学アロマセラピーの授業を定期的に開講しています。

毎年、師であるガブリエル・モージェイも来日セミナーを行っていますので、

知識を深めるため、ぜひ学んで頂けたら嬉しいです。



英国ITHMA認定アロマティック メリディアンマッサージコース
http://www.imsi.co.jp/course/aroma/meridian.html


東洋医学とアロマセラピーワークショップ~陰陽五行・五臓六腑理論編~
http://www.imsi.co.jp/course/culture/work_onmyou.html



最後まで、お読みいただきありがとうございます。

そして、IMSIの受講生・6月の英国ロイヤルフリー研修ツアーに参加頂いた方

が講演に聞きにきてくださり、とても嬉しかったです。

この1年でたくさんの新しい仲間と出会えたことに感謝しています。




※来年のプロフェッショナルディプロマコースの日程が決まりました。

 アロマセラピーをぜひ一緒に学びましょう。
 
  http://www.imsi.co.jp/course/aroma/diploma.html


 自然療法の国際総合学院
 http://www.imsi.co.jp/