投稿

2月, 2017の投稿を表示しています

チャリティランナーさま向けアロマセラピーボランティア!

イメージ
2017年2月26日(日)、東京はマラソン日和な快晴でした。

マラソンをすることは大の苦手な私ですが、

今年のマラソン大会では、違った形で参加することができました♪!

セラピストとしてです(^^)!

認定NPO法人Teach for Japanさまが企画してくださり、

IMSIの受講生・卒業生、IFPAセラピストと一緒に、

チャリティランナーの方を対象に、

フルマラソン完走後のアロマセラピートリートメントを

行わせて頂きました。




アロマセラピートリートメントは、精油をブレンドしたオイルを用いて、

筋肉をほぐし、リンパの流れを良くしていきます。


リラクセーション目的としてスパやサロンなどで受けることができますが、

スポーツ後の酷使した筋肉のリリースや疲労回復に非常に有効です。


トリートメントの効果に加えて、

香りの成分である抗炎症作用や、筋肉弛緩作用などの精油成分を

身体に取り入れ、回復を早めていくことができます。

香りを嗅ぐということも 疲労感を払拭しますので、

スポーツ後の心身にもとてもオススメです。


完走されたランナーさまが施術を受けに来るまでの間、

スポーツアロマセラピーの講師である横山先生に、

ベッドを使わなくても床でできるテクニックや

ランナー膝へのアプローチ法、疲れが出やすい腰などのストレッチ法など

みんなで勉強しました。



おかげで、セラピスト全員が自信を持って施術することができました♪

トリートメントを受けたランナーの方全員に喜んで頂きましたよ!


ボランティアが終わった後は、セラピストたちで、揉みほぐしタイム。

ランナーさんもセラピストも身体のメンテナンス大事ですね!







みんなでお揃いのTシャツを着て、楽しいイベントでした。

人の役に立ち、喜んでいただけて、セラピストとしての学びも深まり

有意義な1日となりました(^^)!




最後までお読み頂きありがとうございます。

今回、IFPAアロマセラピストに活躍の場を提供して
くださった 認定NPO法人 Teach for Japanについては
こちらをぜひご覧ください↓↓
Teach for Japanオフィシャルサイト

自然療法の国際総合学院IMSIは、
英国のアロマセラピー団体IFPAの認定校です。
プロフェッショナルアロマセラピストになるため、
素晴らしい志しとハートをもった受講生が日々学んでいます。
自然…

セラピーボランティア vol.2

イメージ
今月の病院でのセラピーボランティアに行ってきました。

施術させて頂いたのは5名です。

80歳近い方、20歳前後の方 女性も男性も、

今日は様々な方とお話できて、とっても楽しい時間でした。




前回のセラピーボランティアブログでお話した、

20代の男性

今回で4回目です。

お母さまから

「今日のマッサージをとっても楽しみにしていて、

 ちゃんと味わうために、眠たくならないように、

 後がだるくなる治療はしないで待ってたのよ。」

となんだか嬉しいお言葉。

今日は、顔色もよくて、

お話は難しいのですが、

私の圧の確認や、部位の確認にも目でしっかりと

反応してくれます。

背中周りの浮腫みがいつもより気になり、

背中をゆっくりゆっくり摩りながら、

身体の水分の流れも感じていきます。

30分が あっという間です。

次の患者さんのところに行かなきゃ~と思いながら、

またオーバーしてしまいました。

患者さんの心地良さそうな表情を見ていると、

なかなか終わりです、と言えないんです。

「はい、お疲れさまでした。これで終わります。」

この一言を言うのがとっても辛いんです。(笑)

どれだけ楽な時間なのか、

本当にリラクセーションできているのか気にしながらも、

終わるころに、眠っていたり、

セラピーを受けていることに集中しているお顔を見ると、

心地よい時間を共有できた幸せを、

患者さんに感謝する気持ちが自然と湧いてきます。


今日最後の患者さんも、とても印象深い方でした。

物静かで、穏やかに、たんたんとしていたので、

看護師さんに勧められて、なんとなく受けてみる感じかな、

と思って、リフレクソロジーを始めました。

とても静かな時間。

お互いに一言も話しません。

でも穏やかな時間が流れていました。

ふと患者さんに目をやると、

涙が流れていました。

どれだけの感情があるのか、

私は考えが及んでいなかったんだと

反省しながらも、

必ずしも必要とされていないかもしれないセラピーの価値は、

この瞬間素晴らしいものであると、

私とその患者さんは感じているな、と思います。

これって、ロンドンでキースさんのお話を聞いている

時も感じた気持ち。

キースさんに今日の出来事を報告したくなりました(笑)。

何かを話すこともなく、

30分が終わりました。

でも、患者さんの体はとっても温かくなって、

最後に、「とっても気…

2017年10月 キースさん来日します!

イメージ
お知らせです!
英国ロイヤルフリーホスピタルで、補完療法チームリーダーをされていて、
このブログでも度々ご紹介しているキース・ハントさんが来日します!!

2017年キースハント氏来日ワークショップはこちら


2014年に初来日した時のセミナーでは、 ロイヤルフリーホスピタルでの補完療法の活動のご報告や実習を行って頂き、
参加者の方から大反響を頂きました。その時の様子は、玲子先生がアップしていますので、ぜひご覧ください(^^)! ロイヤルフリーホスピタル訪問&キース・ハント先生来日セミナー報告

昨年の研修ツアーでも、
キースさんはじめ、補完療法チームの活動に、
涙したり、笑顔と勇気を頂いたり、
人生でかけがえのない学びを得ました。


そしてまた日本に来てくださいます!!!
今回は、IFPA認定校主催で、東京・大阪・福岡での開催です。
東京でのワークショップを私たちIMSIが主催しています。

「キースさん、今から日本に行くことをとっても楽しみにしてるよ!」

現在ボランティアとして活動している友人から連絡がありました。
キースさんは、日本のセラピストを とても素晴らしいと評価してくださっています。 真面目に、ひた向きに、一生懸命学ぶ姿勢と、
人を助けたい、癒したい、
という情熱や真剣な表情が

京都で香木の香りと出逢う

イメージ
今日はいつもとちょっと違うお話。

京都にある、香木・お線香のお店、「山田松香木店」さんに行ってきました。




品揃えの良さと趣のある雰囲気は、京都本店ならではで、

毎回京都に行くと気になって足を運びます。

お店の方もとっても親切で話かけてくれます。

通りを歩いていると、ほんわかお香の香りが漂っています。


今回も、何か授業で題材にできそうな香りのお話しを探そう~という目的で

店内に入ると、


アジアからの外国人の方がたくさんいて、驚きました。

日本のお香に使われる香りは、主にアジア各地から輸入されています。

日本原産はほとんどありませんが、

平安時代に確立された日本独特の香りの文化(香りの楽しみ方)が受け継がれ、

今の「香道」という伝統になっています。


他のお客さまを横目に、展示されている香木を眺めたり、

お線香のサンプルを試したりして、

今回はついに買いました!

『香りの元セット 香り工房』




欲しいな~と思いつつ、留まっていましたが、

授業でアロマセラピーで使われる精油のお話しをしていると、

お香の原料としても使われている植物があり、

口頭で伝えていても、

やはり実物が欲しい!と思っていました。


同じ芳香植物でも お香で使われるものと、精油とでは

抽出部位が異なるものもあり、

趣きが全く異なる違いを伝えたいなーと

思っていました。


香りは言葉で表現するのがとても難しいので、

紹介したい香りがあれば、実物を味わって頂くことに勝ることはありません。



アロマセラピーで使われている精油と重なるものは、


白檀 (びゃくだん→サンダルウッド)

桂皮 (けいひ→シナモン)

大茴香 (だいういきょう→スターアニス)

丁字 (ちょうじ→クローブ)

樟脳 (しょうのう→カンファ―)

甘松 (かんしょう→スパイクナード)

藿香 (かっこう→パチュリ)

安息香(あんそくこう→ベンゾインアブソリュート)

乳香 (にゅうこう→フランキンセンス)


という感じです。


精油を初めて嗅いだと思っていても、どこか懐かしい香り!と思ったら、

小さい頃からお線香やお寺で

自然と香りを体験している植物もありますね!

大学時代、香道を学びました。

香道の世界と、現在私のライフワークで伝えているアロマセラピーは

全く異なる文化とは思っていません。




ヨーロッパで発展した香りの文化と、

アジアで発展した香りの文化。

芳…

大切な人のためのアロマ3dayコース開講!

イメージ
≪大切な人のために学ぶ アロマセラピー3Day≫土曜日コースがスタートしました~!

今年から新しくIMSIで始まったコースです!

3日間で、補完療法を深く理解し、アロマセラピーアプローチを学んでいきます。




大切な方をケアするための、

「ハートを伝えるシンプルで愛のあるタッチング法」、

「癒しをプレゼントするアロマブレンド」をご紹介しました。


アロマが初めての方も、愛する方を元気にしたいお気持ちさえあれば、

どなたでもアロマセラピーがその日からできるようになります。


1月に開催されましたDay1では、

・英国補完療法のお話、

・アロマセラピーを行うメリットや、考え方、

・施術が行いやすいハンドマッサージ


について 英国ロイヤルフリーホスピタルで行われている補完療法をご紹介しながら、

2時間お話させて頂きました。


始めは緊張されていたのか、少し硬い表情をされていたので、

リラックスして聞いて頂きたいなと思い、

できるだけ香りを味わってもらいました。


誰からも愛される柑橘系の精油は、

嗅いだ瞬間に感情をほぐしてくれます。

たまたま開封したてのオレンジスウィートがあり、

やっぱり!文句なしの人気でした。


オレンジスウィートは、補完療法でもよく使われる精油です。

心を温め、慰め、明るい気持ちにさせてくれます。

楽しかった幼少時代を思い出す、とおっしゃるご年配の方もいます。


さらに補完療法としてもオススメの精油は、

シダーウッド。




写真は、キューガーデン(英国の世界遺産植物園)にある

シダーウッドの木。

とっても大きくて、雄大な木です。

こころをひろ~く保って、どっしり構えよう!って、

木を見ていても、香りを嗅いでいても感じてきます。

ピリッとした針葉樹の香りと甘いゆったりとした香りが、

トゲのある心をま~るくしてくれますよ。



実習では、

このブレンドを作って、ハンドマッサージをお互いにし合いました。

とっても驚いたのは、

実習が始まってからの朗らか表情!

難しいテクニカルな部分はなく、愛を伝えるタッチング法で、

みんなの心がやんわりしてきたのを感じ、とっても嬉しくなりました。

「この手を愛して止まない~!」

そんな気持ちが大切です(笑)




手は、感覚が発達していて、愛情を感じやす&伝えやすい ところ。

手を握りたくなったり、抱きしめたくなるのも、自然な愛の伝え方です。

身近な大…